FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

2015.11.20 20:56|「ま」行
BLOG ACCE 01

MAD MAX FURY ROAD
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

卑劣な誘拐犯に妻をさらわれた勇敢な戦士イモータン・ジョー様が
彼に心酔する愉快かつ勇敢な仲間たちと共に繰り広げる追跡アクション

とゆー、確信犯的な読み違いで作った自作DVDラベルでぇございます
つまりはウソ説明ですので「マッドマックス」をご存じでない方
もしくは何かの間違いで拙ブログに迷いこんで来てしまった方
正しい内容は <こちら> のリンク先をどうぞ

IMMORTAN JOE


↑イモータン・ジョー様(かっこいい)&予告編
改めてこの予告編を観てみたら上記のデタラメ紹介が
まんざらデタラメでもないような気がしてきました



↑ちなみにこんな動画もありました、ゲーム化したらホントにこんな感じかも


まー、とにかく狂った映画です(ホメてます)

どんだけ狂った映画かは Google さんなり Yahoo! さんなりで
タイトルを入力してポチっと検索していただければ
その狂いっぷりを絶賛するコメントがドカドカと出てきますのでそちらを参照していただくとして
この世界のカリスマ、あるいは救世主(と、劇中でご自身が言ってる)
イモータン・ジョー様ことヒュー・キース=バーンさんがとにかくカッコイイったらありゃしない

わりかし福利厚生がしっかりした組織(バリアフリーな雇用も万全)
とはいえ基本的には暴力による支配なので実際に近くにいたら
暮らしむきは辛そうだけどそれは決して不幸ではないかもしれないなー、とも思いつつ
ホコリっぽい世界だし具合悪そうだしよくわからないけどずっと輸血してるし
寿命も短そうだけどウォー・ボーイのみなさん銀のスプレーをプシューッとあびてすごく楽しそうだから
期間限定ならあそこの世界で暮らしてみるのもアリかもしれんなー、と若干の羨望のまなざしを向けてみたり

つか、自分でも何を言ってるのかよく分からないんですけど要はアレですよ
とにかくカッコイイんです、イモータン様が
理屈抜きにカッコイイ、だってスーパーカリスマ救世主なんだもの

NUX AND SLIT
↑いつも仲良しニュークスくんとスリットくん
「こっち見てー!イモータン様ーッ!」とアピール中(かわいい)

ブルーレイも発売日に購入して
大好きなウォーボーイさんたちの出撃シーンだけを繰り返し鑑賞
そろそろ本編の長さを越えたかもしれないくらい鑑賞

サンダーバードにしてもマジンガーZにしても
出撃シーンがカッコイイ作品には外れがないですなー、とたぎる想いを募らせて
そんなこんなで自分なりのイモータン様愛をぶつけてみたら
ラベルのデザインからメインのダブル主人公であるところの
シャーリーズ・セロンさんとトム・ハーディさんが消えてしまいました
(一応、ヴィレッジロードショーピクチャーズのロゴのところにすごくちっさく残ってます)

その替わりにリクタス兄貴ことネイサン・ジョーンズさん
(タイ映画「ジャイアント・チリペッパー」では素敵な笑顔をご披露してます)
と、ウォーボーイの皆さんを特盛り、なんならもうイモータン様が主役みたいにしちゃえと
「ヒュー・キース=バーンのマッドマックス」と勝手にタイトル改編
本編に負けず劣らずの頭のおかしい暴力的なラベルに仕上げてみました
さしずめこのラベルのバージョンに名前をつけるなら
「ヒュー・キース版」と言った感じでしょうか(うまくない)

老若男女健康不健康異常正常「みんな違ってみんないい」を一歩進めた
「みんなキチがってみんないい」を新たなに提唱する狂気の映画
あまりにもオフィシャルのビジュアルからかけ離れたデザインになってしまったので
使い道がないかも知れませんが全国のイモータン様好きの方たちに捧げます
DVDラベル、お気に召しましたらどうぞお持ち帰りください

最後にウォー・ボーイさんたちに倣ってV8を讃えつつ本文シメたいと思います

WAR BOY SALUTE
↑V8!

掲載画像の著作権・肖像権等はDVD製作・販売元に帰属しますので
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ
なお、再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

BLOG ACCE 03
スポンサーサイト

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

「ムード・インディゴ うたかたの日々」

2015.11.03 21:50|「ま」行
BLOG ACCE 01

MOOD INDIGO
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「ムード・インディゴ うたかたの日々」
自作DVDラベルでございます

MOOD INDIGO POSTER 01


↑古めの遊園地にありそうな感じ、安全性は非常に低そうです

MOOD INDIGO POSTER 02
↑ちなみにハングル文字のバージョン、何気にステキです


「恋愛とジャズ以外のものは消え失せたっていい、醜いんだから」
要約すると「恋愛、おシャレ、音楽、超たのすぃー」というコトなのかしら?
そんなコトをのたまうボリス・ヴィアンさん原作「日々の泡」(新潮文庫)の映画化
調べてみたら「クロエ」というタイトルで日本でも映画化されていたみたいです

SORRY NO IMAGES
↑画像がなかったので割愛、未見ですが TSUTAYA DISCAS さんでレンタルできます

「恋愛、おシャレ、音楽、超たのすぃー」
さらにそこに「フランス」という要素も加えると
90年代の渋谷系、ピチカートファイブが成立しそうな気がしてきたので
なんとなく動画を貼りつけておきます


↑こーゆーポップさっていいですね、イントロだけでも楽しくなれます

でー、ボリス・ヴィアンさんのお言葉に戻りますが
「チミは何をふわふわしたことを言っとるのかね」
と、作者に対しては昭和の体育会系社長さながらにチラリとイラリとしたりもしたけど
原作の中の珍妙な描写がそのまんま映像化された映画の方は
内容的に理解できなくてもそれだけでも大変に魅力的であります

内容的にはー・・・「刹那に生きる若者の青春劇」つーとカッコ良すぎるので
「ふわふわしたのがメソメソ死ぬ話」と言い改めさせていただきますが(やっかみ)
大体そーゆーお話?なのかしら?とにかくジャンル的に「ふわメソ」と仮定を決定

「悩める若者のお悩み」にはコレっぽっちも共感できないので(歳、取ったなぁ・・・)
その辺の意匠はコレっぽっちもくみ取れなかったのですが
「ふわメソ」の「ふわ」の部分がとにかくサイコーでして
上の渋谷系ポップスに超絶なテマヒマかけた映像つけたらこんな感じかなー、と
お手製感覚溢れるアナログ技法で1秒も隙なく飾り付けられた映像美は
CG全盛の今だからこその存在感を余すところなく放りすぎるくらい放っていて思わずうっとり
「メソメソ」には1ミリも共感できないおいさんも非常に楽しめました

ポップで楽しい、見て楽しむ渋谷系音楽みたいな映画
弊社ラベルにおきましてはそんな「ふわふわ」感を全面にフィーチャー
雲に乗るぜー!、うわーい♪
結婚するぜー!、うわーい♪
カートで競争だー!、うわーい♪
だけど全体的にはシャボン玉ですので
わりかしはかなく消えてしまいます
刹那、刹那です、「ころす」に「な」です
だからと言って「ころな」とは読みません「せつな」です
そんな感じで作成してみました(どんな感じだ)

上のおふざけの部分は読まなかったことにしていただくとして
ご来訪の方々、DVDラベルお気に召していただけましたでしょうか?
お気に召しましたらどうぞご自由にお持ち帰りください


ちなみにですが弊社では「ムード・インディゴ」の
オドレイ・トトゥさんの他の作品「アメリ」のラベルなどもございますので
よろしかったら合わせてお持ち帰りくださいませ
並べると赤トトゥと青トトゥのダブル・トトゥが完成します

AMELIE DVD LABEL
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

なお、掲載画像の著作権・肖像権等はDVD製作・販売元に帰属しますので
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ
再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

BLOG ACCE 03

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

「マチルダ」

2015.09.20 23:44|「ま」行
BLOG ACCE 01

MATILDA DVD
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「マチルダ」
ロアルド・ダール作品の自作DVDラベルでございます

2015年8月某日
テレビ東京「午後のロードショー」枠にて放映されたのを録画しました
ので、せっかくなのでラベルを作成

MATILDA POSTER



↑予告編&黄色がステキな海外版ビジュアル

ご存じの方には今更な感じの情報かもしれませんが
知らない方のために(例えば「マチルダ」放映前のワタシですわ)
サックリ調べた情報を載っけときます

「マチルダ」原作はロアルド・ダールさん
ティム・バートンさん「ジャイアント・ピーチ」「チャーリーとチョコレート工場」
ウェス・アンダーソンさん「ファンタスティックMrフォックス」などなど
なかなかに錚々たる顔ぶれの監督さんたちの手によって映画化された作品もある
なかなかに根強~い人気を誇る作家さんであります
(「チャーリー~」はどっちかっつと1971年の映画版のリメイクっぽいですけど)

そもそもの作品内容の説明については <こちら> のリンク先におまかせするとして
この「マチルダ」調べてみたらなかなかに不遇な状況に置かれておりまして
なんと日本ではVHSの時代、いわゆるビデオテープの時代にリリースされたっきり
DVD化されないままに現在に至っております
(あと、CS放送などで放映されたみたいです、それからもちろんテレ東)

MATILDA VHS
↑ちなみにワタクシ所有の中古のVHS

MATILDA Blu-ray
↑同じくワタクシ所有の輸入盤ブルーレイ

ちなみにこちらのブルーレイ
通販サイトなどで公表されている仕様には
「20ヶ国の字幕収録」となっているのですが
残念ながらそこに日本語は含まれておりません
(お隣の国、中国や韓国の字幕は入っているのに、なんでなのよ)

が、しかし、公表された仕様に載ってなくても
実は日本語対応の盤というのが往々にして存在するものでして
その辺に淡~~~い期待をしつつ購入してみましたが
やっぱし日本語対応してませんでした、かなり残念です

映像特典としては
今やすっかり大人になったマチルダことマーラ・ウィルソンさん含む
映画のキャスト陣が集まっての同窓会の様子などが収録されていて
それがまた実に楽しそうであります

例えば成長したキャスト陣が当時の劇中のシーンを再現するくだりなどがあって
どなたも照れてるやら懐かしむやらで
笑いの絶えないなんともまあ多幸感に満ち満ちた映像なのであります

「マチルダ」を観たことあってなんとなーくでも内容を覚えていれば
英語が苦手でも問題なく「あー、あの場面の再現ね」と展開についていけますので
お好きな方であればこの映像特典のためだけにでも買う価値アリかと思います

こんな感じで調べたモロモロのなにがしなどを
以下「続きを読む」からポロポロとこぼしておりますので
お時間とご興味おありの方と、ダニー・デビートさんにご興味おありの方
何とぞお立ち寄りくださいませ

それから、お約束の注意事項ですが
掲載画像の著作権・肖像権等はDVD製作・販売元に帰属しますので
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ

なお、再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

続きを読む >>

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

「もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら~」

2015.04.21 18:54|「ま」行
BLOG ACCE 01

MOSHI-ITA.jpg
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら~」
自作DVDラベルでございます

NHKでの放送を録画できた方しか需要はないと思いますが
「再放送されたぜいやっほい」と嬉しさ余って大作成

なのでとにかく発表
大作成と言うワリに、作るのにエラく時間がかかってしまいましたが

MACK GIRL
↑ちなみにこちらの映画「幕が上がる」のポスターの色合いをマネてみました

まさかこれをどうにかする人がいるとも思えませんが
こーゆーDVDラベル配布ブログのお約束として一応明記しておきます
再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ

ちなみに以下「続きを読む」から
作者であれせられる畑澤さんについての紹介みたいなものをダラリダラリとやってみましたので
おヒマな方と物好きな方はお進みくださいませ

続きを読む >>

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

タグ:もしイタ

「マダム・イン・ニューヨーク」 オリジナル版

2015.03.30 00:04|「ま」行
BLOG ACCE 01

MADAM IN NEWYORK
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「マダム・イン・ニューヨーク」インド映画
自作DVDラベルでございます

「マダム~」日本版予告編のナレーション、中村正さんからの着想で
奥様は魔女」っぽさをイメージした
アメリカのコメディ映画風のオリジナル版をこしらえてみました

当ブログにはもう1つのバージョン
「オフィシャルのチラシを模してやってみたら
ワリとあっさりできちゃった版」も展示してございますので
よろしかったらご覧くださいませ→別バージョンはこちらをクリック

掲載画像の著作権・肖像権等はDVD製作・販売元に帰属しますので
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ

なお、再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

ちなみに以下「続きを読む」で制作のよもやま話などをダラダラと綴っております
くれぐれもお時間とご興味がおありの方はお立ち寄りくださいませ
最後の「くれぐれも」だけ使い方が間違ってますがお気になさらないようお願いします

あとクドくてすみません、本文は全部テンプレです

続きを読む >>

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

タグ:マダム・イン・ニューヨーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。