08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「fanaa」インド映画(日本未公開)

2016.09.26 09:40|よろずおもいつきにつき
BLOG ACCE 01

fanaa FAKE POSTER
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「fanaa」インド映画(日本未公開)

「きっと、うまくいく」「チェイス!」「pk」などで
日本でも人気も知名度もバツグン(のはず)のアーミル・カーンさんの映画
「もし日本公開したらこんな感じ?」の 妄想嘘ポスターでございます


fanaa 01
↑暴言かも知れませんが、若干「冬のソナタ」感ありますよね(古)


「女性映画が日本に入ってくるとダサい邦題になる問題」
てのをここ最近ツイッター上でチラホラと見かけました

もともと力強いメッセージ性を持った映画でも
日本で展開しようとすると、どーしても恋愛映画っぽく宣伝されちゃうとか
なんとなーくフワッとしたオサレ風味にされちゃうとか

もっと他にも色々と具体的な文句があったような気もしますが
覚えてられたのがこの2つだけだったので(記憶力に難が・・・)
他のも大体そんな感じの投稿であったのだと思います


んで、そこでご指摘されてる「ダサさ」って
弊社の嘘ポスターの場合「やべー、全部当てはまるじゃん」てな感じで
(むしろそーゆーお約束に積極的に乗っかって制作してますから)
どっかから文句言われたら怖いなー、と
戦々恐々と過ごしておりましたが

んが

最近、観た「fanaa」が、ネット上で伝え聞いた印象や
ポスタービジュアルから受ける印象での「悲劇の物語」ではなくて
いや、悲劇っちゃー悲劇なんだろうけど、何か引っかかるモノを感じまして

fanaa 04
↑「で、どこが引っかかったんだ?」すみませんお父さん!今、説明します!


なんせアーミルさんてばテレビで社会派トーク番組
「Satyamev Jayate(真実は常に勝利する)」てな活動もしてる方ですから
(詳しくは <アーミル・カーン非公式ファンブログ> 様をお読みください)

fanaa 06
↑平田広明さん吹き替えのボイスオーバーで放送していただきたい

正直言って「fanaa」での役柄っていまいちパッとしなくて(主観100%)
作品を選びに選んで出演してるっぽい人にしては「これ?」っていう感じ

そこのトコロが「何故だろな?」の引っかかりの部分でして
作品にこめられた何かに惹かれての出演だったのではないかと
もしかしたら「引退→復帰」で話題となった女優カージョルさんの
映画界への復帰を盤石にするための援護の意味もありそうな感じもしますよね
(こちらも100%想像のお話ですが)

で、「fanaa」を観て、そのなんとなく引っかかった部分こそが
「日本に入ってくるとダサくされちゃう女性映画」的な部分なのではないかと推測

ここをつつけば件の邦題問題で遊べそーじゃん
そんな自分の解釈をカタチにしてみたくて
今回の「fanaa」嘘ポスター制作に乗り出してみた次第であります
(あと「pk」祭りに乗りたかったから)


ここから先、ちと長くなりますので
以下「続きを読む」から後半部分が始まります

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画

「DHOOM:2」 インド映画(日本未公開)

2016.09.07 21:29|よろずおもいつきにつき
BLOG ACCE 01

DHOOM2 FAKE POSTER
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「DHOOM:2」インド映画(日本未公開)
2014年に「チェイス!」の邦題で劇場公開された
「DHOOM」シリーズの二作目(ちなみに「チェイス!」はシリーズ三作目)
「もし日本公開したらこんな感じ?」の 妄想嘘ポスターでございます。

DHOOM 1 2


↑ぱっかんぱっかんするスチールケースの「1&2」当たると痛い

DHOOM(どぅーむ)」をご存じでない方には
そもそも「ふーん、こんなのあるんだ」でスルーできるネタでしょうし
ご存じの方には「なんで今さら?」と引っ掛かるネタかも知れませんが
こちらの作品、クライマックスの舞台がブラジルはリオなので
映画が先にあって嘘ポスターを作った、というよりは
リオ五輪があったからリオが舞台の映画を題材に持ってきた
というほうが正解

そんなこんなで時期を合わせて
リオ五輪の開催中に嘘ポスターを完成させたかったのですが
ちっともはかどらず、結局、出来あがったのは五輪終了後
とはいえパラリンピックはまだまだありますから
まだまだ渦中のリオの街はカーニバル(by.中森明菜)

時期ネタとしてはまだまだアリかなー?と思いつつ
あと、せっかくだから自慢したいのもありますし
あと、ちょうど今「DHOOM:2」の実質上の主人公である
リティク・ローシャンさんの新作も話題沸騰中ですし
ほどほどに良いタイミングでの発表のような気もします(たまたま)

MOHENJO DARO


↑「新作の名前って何だっけ?」「モヘンジョだろ?」的な「Mohenjo Daro」

「DHOOM」のシリーズも、リティクさんも
すでに熱心なファンも多い映画ですし役者さんですし
ご存じでないままに来訪の方におかれましては
サクっとググっていただければ情報は山ほど出て来ますので
解説はそちらに全面的におまかせするとして
当ブログではこのインチキ嘘ポスターの解説だけお送りします

DHOOM 1


↑ちなみに「DHOOM」1作目、皆さんお若い(笑)

DHOOM3 FAKE POSTER ver02
↑さらにちなみに3作目、日本公開決定の報を受けての先走り嘘ポスター(恥)


まずタイトルの「チェイス・トゥ・ザ・エィス」ですが
リティクさん演じる怪盗「A」を無理矢理「えぃす」と読ませて
「ちぇいす」「えぃす」と韻を踏みたかったので、そこ優先の曲解してます

洋楽で Ace of Base (エイスオブベイス)てのありましたし
「どこかで聞いた何かに似てるパチモン臭さ」
てのがこの嘘ポスター企画のキモですので、まずはここから企画スタート

ちなみにですがリティクさんの役どころの怪盗「A」さんは
アビシェークさんが劇中でかなりハッキリと
「みすたー・えー」と発音してるので厳しいと言えば厳しいのですが
そこは劇場公開時に「エース」と字幕を付ければ問題無しとします(あります)

LIKE A RYUHEI
↑「良くないだろ」と上島竜平ばりに訴えようとするリティクさん(嘘)

こんな感じでタイトルからして
「怪盗『A』を追いかけるアクション映画」の雰囲気を醸しつつ
近年の潮流である「続編を感じさせない続編」のタイトルも踏襲しつつ
わりかしイイ感じのウソ邦題が出来たかなーと自負しております


ばばんと大きく全面デザインに関してはー、もうね
ザ・セクシーさんのリティクさんを推すしか考えられません
すごーく最近リティクさんの「BANG BANG」てのを観て確認しましたが
跳ぶ・脱ぐ・撃つ・脱ぐ・跳ぶ、の大活躍でしたから間違いありません(何がだ)
ちなみにそんなリティクさんの跳びっぷりは以下の動画から確認できます


↑2度めのシュパーンのほうが好き(理由:なんとなくマネできそうだから)

BANG BANG
↑さらにちなみに嘘ポスターはこの色合いからパクってます

角度によっては意外と顔が長いとか
しゃべると意外に声が安倍首相に似てるとか
そーゆーネガティブな部分は二次元には出ませんから
「あはーん♪」なお顔のリティクさんを大きくベタッと貼って
残りはね、テキトーですテキトー(いろいろ酷い文章)

テキトーと言っても心底テキトーでもなくて(なら最初から)
劇中のやたらとブラジルんな歌のイメージでペタペタとコラージュしてます


↑「その絡み必要なの?」のウダイさんのちょっかい具合が素敵

なんとなしにデザインが出来たら惹句を考えてあちこちに配置

暑ーい場所で
やたらと露出の多い男女が熱くぶつかるコチラの作品
劇中のセリフにもなかなか熱いのがありましたから
まずひとつはそれを採用「命をかけたうんぬんかんぬん」で

熱さ強調路線は定まったので
過去の作品にそーゆー熱さを持ったやつで
何かイイ感じにパクれそうなのないかしらん?と記憶を掘り下げ
古めの映画「ダンシング・ヒーロー」がピンときましたので
「ダンシング~」の劇場公開時の惹句「火傷しそうな青春映画」をアレンジして
「火傷しそうなうんぬんかんぬん」をもひとつ考案してみました

DANCING HERO


↑これのダンスの両手を「スチャッ」てのもマネしやすくて好きです

わりかし真面目にふざけたので
あんましオモシロ要素がないんですけど
ポスター上部のウダイさんのクレジット表記
名前の上の代表作がどっちも日本未公開なので
テキトーな邦題をつけているのが敢えてのオモシロ要素です

でー、ここまで作ったところでそこはかとなく完成
制作中に「あれ?アタシこいつの事なんか好きじゃなかったのに」的な
新たな発見がありまして「DHOOM:2」スピンオフなど思いつきましたが
そちらはまた別件になりますので、またの機会にお披露目します

BLOG ACCE 03

テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。