FC2ブログ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「REMO」タミル映画(映画祭上映のみ)

2017.07.26 17:35|よろずおもいつきにつき
BLOG ACCE 01

REMO FAKE POSTER
↑画像をクリックすると原寸サイズの画像ページが開きます


長らくお待たせしてしまった方々、お待たせしました
さほどお待ちでもなかった方々、ようこそいらっしゃいませ
そしてはじめましての方々、はじめまして

さっそくですが本日のお題は南インド映画「REMO」の「もし日本公開されたらばこんな感じぃ?」の妄想ポスターでございます。
まったくの未公開でなく映画祭で上映されてはいるのですが(南インド映画祭2017 にて公開済み)一般公開はしていないので当ブログでは「実質未公開」の扱いというコトでお送りしております。


REMO 01



↑ちなみに本国版ポスター&予告


そして映画祭上映はとっくに終わってしまっているうえにDVDの入手も困難なこちらの作品「REMO」実は製作元のUIE(United India Exporters)さんが公式に YouTube にて無料公開してますので(英語字幕なし、言語・タミル語)ご興味おありの方は <こちら> にリンクを貼っておきますのでクリックすると本編を今すぐまるっとご覧になれるようしときます
そんかし広告が強制で入ります、しかもめちゃくちゃイイ場面のど真ん中とかで小林製薬などのCMを強制的に見させられますが広告収入が役者さんや製作陣へのお布施になる(はず)だから観賞なさる方々におかれましてはなにとぞガマン願います


REMO 07
↑2人して「ガマンよ」とか言ってる(嘘)


ちなみに言葉の分からない本編をより楽しく観るために本編の細かい解説を聞きたいよ(読みたいよ)という方もおられるかと思いますが、そーゆーのはめんどくさいので当ブログではいっさい行いません
ですから詳細は「REMO インド映画」などで検索すると出てくる全国のブロガー様たちの非常に詳細なレポートを読んでいただくのがオススメです(清々しく丸投げ)

ちなみに大体がマンガみたいな映画ですから物心ついたときからマンガで育ってきた平均的日本人なら画面の雰囲気だけで「あー、アレね」と非常にたやすくいとも簡単に内容を把握することが可能ですが(だいたい7割くらいは理解できた、と思う)多分字幕があってもなくても理解できない不条理な展開多めですから、分からない場面はそもそも元の話が悪いというコトにしてサラっと流してご鑑賞くださいませ


REMO 02
↑この格好で映画とかないない


妄想ポスターのデザイン的にはこれといった工夫はなんにもないです。
見た感じ元の雰囲気をそのままなぞってレモちゃんをドーンと載っけて全体にキラキラを加味して、本編中のロマンチックな場面をチラホラ置いたり、本編中のハートフルな場面をホワンと置いたり、本編中のアクションもこっそり置いたり(左下)そんなこんなでいくらか内容の紹介も添加しつつ、タイトルロゴはオリジナルっぽさをカタカナでなんとか再現。
あと妄想ポスター制作中に主演のシヴァカールティケーヤンさん(通称・しばかりさん)が南インド映画祭2017で主演男優賞受賞の報があったのでそれものっけてなんとなーく完成。

なんと言ってもメインのレモちゃんが超~~~魅力的なので元のをあまりイジらずに
「素材そのまま」をお届けしようと心がけての制作でしたとさ。


当ブログで「REMO」を初めて知って、なおかつ興味を持ったので観てみたいと思った方。
上のほうの本編へのリンクからぜひとも一回チャレンジしてみてください

日本未公開作品でも輸入盤DVDを購入して観賞しちゃうようなガッツリとヘビーな海外映画ファンの方ならいざ知らず「言葉が分からない映画にわざわざ手を伸ばすのもちょっとなー、イマイチ気が進まないなー」という方もおられましょうが、基本タダですしガマンできるトコまで観て途中で止めても1円も損しないし(観た分の時間は消費しますが)基本マンガみたいな内容なので(しかもベッタベタな古い少女マンガみたいな内容)最初のチャンレンジにしてみたらハードルはわりかし低めかと思いますので、これを機に未体験な異文化を体験してみるものアリかもです


最後にお気に入りのキャラたちを紹介して本文終わります
ここまでお読みいただきありがとうございました♪



まずはガラガラ声でまくしててる黒いハゲ友

REMO 03
↑思いのほかシャープなパンチを繰り出す


ふさふさヘアーのにこやかデブ

REMO 04
↑ヨギ・バブーさん <有名なコメディアン> みたいです

大体いつもお口がポカーンのかわいいお母さん

REMO 06
↑愛きょうのあるお顔




REMO 05
気になったら観てね!

BLOG ACCE 03
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。