FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

「マダム・イン・ニューヨーク」 オリジナル版

2015.03.30 00:04|「ま」行
BLOG ACCE 01

MADAM IN NEWYORK
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「マダム・イン・ニューヨーク」インド映画
自作DVDラベルでございます

「マダム~」日本版予告編のナレーション、中村正さんからの着想で
奥様は魔女」っぽさをイメージした
アメリカのコメディ映画風のオリジナル版をこしらえてみました

当ブログにはもう1つのバージョン
「オフィシャルのチラシを模してやってみたら
ワリとあっさりできちゃった版」も展示してございますので
よろしかったらご覧くださいませ→別バージョンはこちらをクリック

掲載画像の著作権・肖像権等はDVD製作・販売元に帰属しますので
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ

なお、再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

ちなみに以下「続きを読む」で制作のよもやま話などをダラダラと綴っております
くれぐれもお時間とご興味がおありの方はお立ち寄りくださいませ
最後の「くれぐれも」だけ使い方が間違ってますがお気になさらないようお願いします

あとクドくてすみません、本文は全部テンプレです
BLOG ACCE 02

インド映画です、インド映画

最近のインド映画に対する
知ってる方にはより詳しく、そうでない方でもそれなりに詳しくなれる
あたかも、富士写真フィルムのCMのごときワタシなりの説明は
当ブログ「よろずおもいつきにつき」の記事
tAAre zameeN Par(地上の星たち)」の項を参照していただくとして
当該映画「マダム・イン・ニューヨーク」についてでございます

EV GERMAN
↑ドイツ版ポスターです

こちらの作品、ワタシが住まう松本市のお隣
車で飛ばして小1時間ほどの距離にある
塩尻市は「東座(あずまざ)」さんという映画館で鑑賞してまいりました
シネコンでなくて映画館、なかなかに味わい深い貴重な場でございます

平日の真昼間の上映でしたのでお客さんもまばらな状態
スクリーンに対してわりと近めの位置での鑑賞をこころがけるワタクシはささと前の方に着席

して上映が終わって後ろをみたら
みたらマダムだらけ(推定40代後半~60代)でしたのでびっくりしました
こちらの東座さん、名作上映の隣のスクリーンではピンク映画の上映もやっておりますので
さながらマダム・イン・ニューヨークというか
どっちかっていうとマダム・イン・グラインドハウスな感じです

で、東座さんでは「FROM EAST」と銘打った、企画上映なども多数手がけておりまして
この「マダム~」では、なんと英会話の先生をお呼びして
鑑賞後はさながら主人公のシャシさんのように英会話のレッスンを受けられるうえに
劇中のお菓子ラドゥのサービスもあるといったサービスがテンコ盛りの内容の上映会などをやっていたのですね

できたらその日に観に行きたかったなー、とは思ったものの
仕事やらなんやらで日程が合わず、結局のところ通常上映に行ってきました、という次第

映画の感想というか映画館感想はこのくらいにして、映画の説明そのものについては
DVDリリースからけっこうな時間が経ちますし
あと単にワタシが説明ヘタなので一切説明いたしません(開き直り)
映画本編のご紹介はこちらの公式ホームページ
世間的な評判などはこちらのYahoo!映画さんを参照していただくとして
映画を観に行って「おおっ」となったポイントをご紹介

劇中のシャシさんが飛行機の中で出会うステキなおじさま
こちらの渋いおじさま、アミターブ・バッチャンさんの作品をご紹介いたします

AMITABH BACHCHAN
↑んーむ、渋い

ワタシのインド映画歴のどこで名前を知ったのか定かではないのですが
どういうワケだか「スラムドッグ$ミリオネア」で名前が出てきたときにはすでに知っていたので
浅いインド映画歴でも頭に入ってくるくらいの重鎮なのだろうなー、という印象です
実は「マダム~」公開と同年、ひっそりと出演作のDVDもリリースされてました
アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター」でございます

ALADIN HINDI
↑ザ・おじさま対決ムービー

ちなみに劇中のミュージカルシーンを以下にリンクしておきますので
ご興味おありの方はご覧下さいませ、そんなにお時間取りません
アミターブ・バッチャンさんラップでノリノリ、と
クライマックス前のパーティーシーン、です

あと、そんなに観たことない中でも、アミタブさん映画の一番お気に入りはこちら
IMDB(インターネット・ムービー・データベース)の
ユーザーお薦め作品で知った「BLACK」(日本未公開)

BLACK.jpg
↑歌も踊りもないタイプのインド映画です

こちらの作品、ぶっちゃけて言えばヘレン・ケラーのお話でした
アミタブさんは「見えない、聞こえない」の少女を導くサリバン先生の役どころ
(白目むいて暴れる少女を相手にする序盤は、ほとんど「エクソシスト」でしたが)
なんですが、サリバン先生(に該当するアミタブさん)も困難を抱えてしまっていて
ヘレン・ケラーさんのお話とは、またひと味違った感動作となっております

出演リストを調べると、他にもゴロゴロと名作が出てきそうな感じではありますが
とてもじゃないですけど、全部は観ていられないし
知ってる範囲ではこんなところでしょうか(2本しかないじゃん)
とはいえ輸入版だと鑑賞のハードルが高くなってしまうし
レンタルで気軽に観られる作品は他に「家族の四季 ~愛すれど遠く離れて~

Kabhi Khushi Kabhie Gham
↑3時間以上の上映時間が、若干オススメしにくい要因に・・・

てのがあるんですが、いかんせんリリース時期が古いので
よほど大きいお店でないと、店頭在庫があまり期待できそうもありません
(ちなみに通販レンタルのTSUTAYA DISCASさんでは在庫確認できました)

「アラジン」だったら、ワリとすぐに見つけられると思いますし
ご家族での鑑賞も可能の上映時間2時間のファンタジーですので
現在、一番のオススメ物件でございます

お若いイケメンさんもよろしいかと思いますが
時にはこのような渋カッコイイおじさま映画も目の保養というもの

と、いうワケでマダムの映画を観に行って
おじさま萌えに目覚めてしまったご婦人方には非常にオススメしたい役者さん
アミターブ・バッチャンさんの作品をご紹介させていただきました
(誰に向けた文章なんだか)

ALADIN JINEE 02
スキャットマン・ジョンでなくて


で、ここから映画とまったく関係ないお話になりますが
ワタクシ、ふた月ほど前から転職に有利な資格など取ろうかと画策しておりまして
とはいえ、あまり周りに吹聴して回って「結局、不合格でした、てへ♪」とかなるのもカッコ悪いですし
何より、あんまし話のわからない相手にしゃべってしまうと大体は「無駄無駄無駄」とあしらわれてしまうので
こっそりヒソヒソと秘密に進めておりました

あれこれリサーチしてみたところ
夜間学校→NO、ハローワークの訓練カリキュラム→NO
いっそ転職先で支援してくれる資格取得制度→さらにNO
通信教育、いわゆるユーキャン→YES

というワケで道はひとつしかなく選ぶでもなくユーキャンに賭けてみた次第

いやもう、やり始めはかなりモーレツな勢いでした(すでに過去形)
「教材!教材いつ届くの!?早く!早く!」
とまあ、はやる気持ちを抑えつつも、届いたその日に即開封
テキストを読みこみ、赤ペン先生がドン引きするくらいの勢いで
大事(と、思われる)個所を赤ペンでぎゅんぎゅん線を引いて勉強開始

しっかりと読みこみ、大事(と、思われる)な個所をチェックして
そしていったん頭に入れた情報をきっちりアウトプットできるように
ノートに自分なりの言葉で整理してまとめて、なんなら図も書きこんで
まとめてまとめてひとまずの区切りを終えてみると
なんかユーキャン概算の1日の平均学習時間を大幅にオーバーしてるんですよ

まー、こんなに真面目に勉強に取り組んだの20年ぶりくらいだし
もともとの自分のポンコツ具合を加味したとして
慣れるまではこんなものだろうとタカをくくって1週間過ぎ2週間過ぎ
項目によって時間がかかったり、そうでもなかったりを繰り返しつつ
後半に行くにしたがって「頭に入らない度」もぎゅんぎゅん上昇
だんだんと頭に入らなくなってきてヤル気も徐々に減速してなんとなーくサボりがちになり
「コレ、なんとかならんのかね?」と
すでに資格取得している友人にアドバイスをもらいに行ったら
「それは先にコレコレの資格を持っている人が次に狙う上級資格」と今更ながらに教えられ
例えて言うなら「界王拳を身につけない状態でベジータに挑むようなモノ」と
ボンクラな自分にも非常に分かりやすい的確なアドバイスをいただいて
教材費を全額振り込んだ後になって無謀なチャレンジだったと気づかされまして

で、

心が粉々にくだけました(すべらない話のネタが出来たのでそれもまた良し)

このような非常にお手本にならない例を上げてから以下をお読みいただいても
激しく説得力に欠けるのは承知のうえですが、気にしないでお読みください

EV HONG KONG
↑なんとなく香港版ポスターでお茶にごし

「マダム~」の主人公、シャシさんは自分にとっての未知なるチャレンジ
英会話をキチンと身につけましたが、そもそも英会話を習うにあたっては
ご主人、子供たち、果ては一番の理解者でありそうなお姉さんにですら
かたくなに秘密を通そうとします
唯一、打ち明けたのは、まだまだいろんなことを学習中だった姪っ子だけ

そもそもの始まりにしたって
コーヒー屋さんでトラブルに見舞われてガックリ来たとこに
たまたま通りがかったバスの広告を見て、すがるように英会話教室に速攻で電話
なのだけど、あまりに早急な思いつきすぎたので市外局番を忘れていたりで
そいいう軽はずみなところに「あー、そうそう、焦る時ってこうなのよね、肝心なとこ見落とすのよね」と激しく共感

その後も「隠し通すのはもう無理なんじゃないかしら?」というギリギリまで粘って
粘ったあげくやはり無理がたたって、さながらダイエットのリバウンドのごとく
ウキウキしていた時がウソだったかのように、激しい自己嫌悪にまで陥ってしまいます

何か新しいことを始める時ってそりゃー不安ですよ、不安だらけですよ

今の自分が自信を持ってやれることには誰も見向きもしてくれないし
見向きもしてくれない相手がまして新しいことにチャレンジすることを分かってくれようはずもない
(たとえそれが本人だけの思いこみだったとしても)
ドツボにはまって、すがるような気持ちで、わずかながらの可能性にしがみつくしかない時の不安な気持ちと言ったら!

そんな不安に向き合う自分を守るためにはこっそりと進めるしかない時もね、そりゃーありますよ
さぐりさぐりで周りに打ち明けて、ただでさえ自信がないことにチャレンジしようとしている時に
不安な気持ちをグラッとされると簡単に折れてしまうから
そんな時には

You have to help yourself
(そんな時こそ、自分で自分を助ける時よ)

とね、シャシさんスピーチでおっしゃってます

そしてそれでもボッキリと折れてしまったシャシさんを助けたのは
もう一つの家族でもある英会話教室の仲間たちでした
また、無神経すぎると思われた旦那さんも案外シャシさんを気にかけていました
(奥さんにサプライズプレゼントしようと、こそこそと新しいサリーを用意する挙動不審さがラブリーです)

自分を見失い、周りも見失ってしまってドツボな状態にあるときに
思わぬ方向からの助けというのは、それはそれはありがたいものです

あまりにドツボすぎて親切にされてることにすら気づけずにいて
あまりにもひとりよがりすぎた自分に思い当って「はっ」と気づいて
「あら、あたしったら」と若干の気恥ずかしさを感じてしまったなら
しまったならその時に軌道修正したらいいんじゃないかと思います
なんか余分にサービスして返したら、それで充分いいんじゃーないかしら、と思います
親切には親切でお返しを

あなただけ特別にラドゥ2個、みたいな、ね

Ladoo.jpg

もうじき4月です
新しい就職先、学校、なんやらかんやらモロモロのピカピカの新しい生活が始まる時期です
ときには耐えて自分を守りつつ、ときには打ち明けられる仲間とも出会い
教えて、教えられて、助けて、助けられて、善きことは分け合いつつも
満ち満ちた人生を送れるよう、幸、多からんことを願います

どなたにも、こなたにも

EV INTER NATIONAL
春めかしたタイトルソングもステキな映画ですよね

ここまで駄文にお付き合いしてくださった方
お読みいただきありがとうございました
DVDラベル、お気に召しましたらどうぞお持ち帰りください
BLOG ACCE 03


スポンサーサイト



テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

タグ:マダム・イン・ニューヨーク

コメント

非公開コメント