FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢の世界 ノクターナ」

2015.04.28 16:59|「や」行
BLOG ACCE 01

NOCTURNA.jpg
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「夢の世界 ノクターナ」
自作DVDラベルでございます

2か月ほど前に輸入盤で買った作品ですが
よりにもよってつい最近になって日本でもひっそりとリリースされていたことが判明

「んじゃー、日本語字幕がついてるほうがいいよね」というワケで
あっという間に輸入盤のほうは観なくなってしまってすっかり用無し
あわれなディスクの供養のためになんとなーくDVDラベルを作成、してみました
いや、全然まったく供養になってないんですけど、なんとなく、です

NOCTURNA POSTER 01
↑こちらはポスターです
実は産地も知らずに買ってしまってました、スペイン産だったんですねー

右のタイトルをクリックで予告編も観られます→「夢の世界 ノクターナ
製作が2007年の映画というハナシなんですが
北米版予告編の日付が2014年になっていたりするから
どーゆーいきさつのどーんな作品なのやらなにがなにやら

以下「続きを読む」で、そもそもの購入にまつわるなんやらかんやらを
「ノクターナ」本編とは何の関係もない無駄話を8割くらい混ぜて
ダラダラとたれ流しております
おヒマがおありの方はお立ち寄りくださいませ

なお、掲載画像の著作権・肖像権等はDVD製作・販売元に帰属しますので
お持ち帰りの際はくれぐれも個人使用のみでご利用くださいませ
なお、再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

BLOG ACCE 02

日本未公開のなんやらを購入する際は
もっぱらアメリカのAmazonさんを利用していたりします

ワリと最近は「パンズ・ラビリンス」「パシフィック・リム」の監督さん
ギレルモ・デル・トロさん製作のCGアニメ「Book of Life」などを購入いたしました

THE BOOK OF LIFE
↑ポスターはこちら、えらくカラフルですな

雑誌「映画秘宝」アートディレクターの高橋ヨシキさんが
昨年観た映画のベスト10に選出してらしたので、興味を持って購入&鑑賞

したら、まあ、これが大変な傑作でございまして
「アナと雪の女王」がそうでしたけど「真実の愛」の方向が
「あー、そっちのほうなのね」てな感じの、より開かれた方向を向いていて
親友、恋人、家族はもちろんのこと、果てはじーちゃんからご先祖様まで
自身のルーツまでそっくりと全部含めて「君の物語なんだよ」と語りかけてくる
死者も生者もカーニバルかつトゥルー・ロマンスな感動作でありました

NO MATTER WHERE YOU ARE
↑主題歌 Us the Duo さんが歌う「No Matter Where You Are」(←視聴はこちらからどうぞ)
「キミがどこにいたって、ボクはすぐそばにいるよ♪」てのが
単にラブソング的な意味だけでないのが素晴らしい

こちらのPVがモロにそんな「ご先祖様から自分の今、果ては未来まで」の歴史の流れを描いていて
映画本編を鑑賞後だと、こちらだけでも感動できてしまう実に優れたシロモノであります
所要時間が短くて同じくらい感動できます、リーズナブルにステキです


で、まあ、そーしたワケでちょいちょい海外からお取り寄せしてるんですけど
これがまたエラく届くのに時間がかかることがあるんですな

なんと発送が1月で、到着予定が4月とかね、あるんですよ
てゆーかあったんですよ、実際に、3か月ですよ
なんだそれは、貿易船に密航するヒッチハイカーにでも持たせているのか、て感じですよ
もしくは「お母さんを探す旅をしているんです」とか言う子供に持たせているとしか考えられません
たぶん、その子供は白いサルを連れていると思います

日米間の交易がどれだけあるのか知りませんけど
遅いものはすごく遅くて、そのくせCD1枚注文したときは1週間で届いたりしたこともあったりで
じゃじゃじゃじゃー(藤やんLOVE)なんか要るものあったら
一度にまとめて注文したほうがいいな、と、1個1個だとすごく遅いし
と、いうワケで「お目当ての欲しいもの + よく知らないけどよさげなもの」で
まとめてお買いものをしてまして、そんなワケで「ノクターナ」は「Book of Life」のついでなのでした

Amazon で買い物すると注文履歴から判断して「これを買った方はこれもお買い求めです」
みたいなオススメ商品をオススメしてくるんですよね

で、そーゆーのはまずオススメされたタイトルを YouTube で検索して
映画であれば予告編を観てから、音楽であればPVを観てから購入しております
「Book of Life」のときは「Nocturna」と「Song of the Sea」「The Secret of Kells」の計4本、でした

SONG OF THE SEA POSTER 01
↑「Song of the sea」ポスターと

THE SECRET OF KELLS POSTER 01
↑「The Secret of Kells」のポスター
この2本はトム・ムーアさんという監督さんの作品で、どちらもステキ作品です
こちらの作品、なんとか1年以内には当ブログにて詳しく取り上げたいと思っておりますの予定が未定中です


でー、話は「ノクターナ」に戻りますが
予告編が良さげだった、という以外にまったく情報がないまま注文&鑑賞しました、が
これまたたいへんにステキなファンタジーでございました

夜空から星が消える異常事態に気づいたティム少年が
子供たちの健やかな眠りを守る夜の妖精の世界「ノクターナ」を冒険して
世界の秘密と出会い、また自身の恐怖心と向き合い克服することで
世界に、自身に、平安をもたらす、そんなお話

夜の世界の怪しげ妖精たちが「あれってこうなんだ!」の
ヒラメキ満載で非常に非常に楽しい作品でした

夢の内容を考える作家さん妖精
夜露(よつゆ)を街にまき散らす妖精
ベッドをゴロゴロ寝ぞうの妖精
自転車でコロコロを音を出すコオロギの妖精
髪の毛をグシャグシャにしちゃう寝ぐせの妖精とか
黒猫たちは安眠を見守る使い魔的な存在で
そして、子供の大敵おねしょの妖精(こいつがまた悪~~~い顔してるんですよ)


こんなオモシロな映画がどのような製作陣の手によるものか、と調べてみたら
みたらー・・・これがなかなかに情報が出てこないのでありますな

映画の調べ物ならIMDB(インターネット・ムービー・データベース)を頼るべし
というワケでそっちから手をつけてみたのですが、あまり情報が載っておらず
じゃあ、そもそもの映画のタイトルを Google で検索してみるかとチャレンジ
してみても、これまたあまり情報が出てこない、のであります

「ノクターナ」の監督コンビ、ビクター・マルドナドさんと、アドリア・ガルシアさん
他の作品では「Mr. Collieu」という2分の短編を作っているそうなのですが
他にめぼしい情報は無し

MR COLLIEU
↑こちらが・・・ポスター?
こちらがYouTube の予告と、本編?らしきものがこちら

なんならDVDのパッケージ裏のほうがよほど詳しい情報が載っていたので
そちらをそのまま引用しますと

ヨーロッパ版の「モンスターズ・インク」と呼ばれる名作!
スペインのアカデミー賞にあたる<ゴヤ賞>で<アニメーション賞>を受賞

だ、そうです

「モンスターズ・インク」と言われてみれば「あー、なるほど」て感じします
個人的には「態度の悪い都会のトトロが【シュガー・ラッシュ】みたいな
「現実世界の現象はフィクション世界ではこうなっている」的トリビア満載の
ダークシティ】的な箱庭感あふれる若干悪夢っぽい街で(月食のシーンがなかなかに怖いです)
怖がりな男の子を導いて成長を助ける」そういう印象、印象つか具体的にそう

えらく情報が少ないうえに
そもそもが2007年の若干古めの映画を何故か今ごろのリリースなのですが
たまたま見つけちゃった人間に、ちょっとだけ「わたしだけのヒ・ミ・ツ♪」
な、感じを与えてくれるのが非常にうれしかったりします

どういう宣伝で、どういう売り方するのか
こんなに地味~なひっそりリリースでは
そんなにお金もうけにはならないのではないのかしら?と心配になりもしますが
希有な作品を紹介してくれる、こーゆーメーカーさんの頑張りのおかげで
めずらしいものがお手軽に観られるのはありがたいことです

ファミリー向けの良質な作品を買いつけて
しかも日本語吹き替えをつけてくれた KRコンテンツさんの英断に感謝しつつ
(声優陣がまた絶妙に「吹き替えアニメ感」がしてイイ感じなんですわ)
ひと通りの紹介も済んだので本文ぼちぼちシメたいと思います

ここまで駄文にお付き合いしてくださった方
お読みいただきありがとうございました
DVDラベル、お気に召しましたらどうぞお持ち帰りください
BLOG ACCE 03
スポンサーサイト

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。