FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チェイス!」 (原題「DHOOM 3」) インド映画 (の、嘘ポスター)

2015.07.13 01:38|よろずおもいつきにつき
BLOG ACCE 01

DHOOM3 FAKE POSTER02
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

「夏のチェイス!祭り開催中!(主に一人で)」の本日のお題「チェイス!(DHOOM:3)」、の!
知る人には「困惑」を、知らない人には「誤解」を与える
嘘ポスターの第2弾でぇーございます

DVDラベルをお求めの方で
間違ってこちらのページに来てしまった方は <こちら> のリンク先へどうぞ

CHASE MINI
↑ちなみにこんな感じです、こちらはちっさい版を展示してますので
オリジナルサイズ版は上記リンク先からお求めになれます

CHASE FAKE
↑さらにちなみに嘘ポスター第1弾はこんな感じでした
そしてこちらのコレもちっさい版ですので
オリジナルサイズ版をご覧になりたいという物好きな好奇心旺盛な方は
こちら> からどうぞ

ちなみに以下「続きを読む」で制作のよもやま話などをダラダラと綴っております
お時間とご興味がおありの方はお立ち寄りくださいませ

BLOG ACCE 02

まずは最初に大多数の方がつっこまれる事と思われますので自分で先にやっときますが

嘘すぎるだろ

と、ひと言ここに自爆してからデザインについてのアレコレ解説をスタートします

なんとゆーかアレですよ
全てはエンドロールの仲良しのあいつらの映像がキュートすぎて
こーゆー暴走してしまったワケですが
こーゆーロクでもないことができるのも作品の懐(ふところ)の深さゆえだと思うのです
(今回は、もしかしたら映画本編をまだ観ていない方の来訪があった時のことを考えて、
ネタばれしないように、ボンヤリした表現を多めでお送りしております)

懐が深いとゆーか、盛りだくさんすぎて満腹とゆーか
歌も、踊りも、江南スタイル(懐かしい)もあり
「お父さん、そのトリックのために彼の人生を犠牲するってダメだと思います」
ていうプリンセス・テンコーさんなら一人で充分できそうなトリックのマジックもあり
あと、なによりアーミルさんのえらく悲しい結末がもう号泣モノじゃーないですか

そーゆー盛りだくさんのお祭り映画ですから
ポスターつかチラシ1枚でもたくさんたくさん遊びやすいんですよね

アクション面だけに特化すればこのページの上のほうの赤い感じのアレになるし
アーミルさんの秘密のアレに特化すれば同じくページの上の感動路線にもできますし

でー、今回は秘密のアレからねじってねじって
「フォレストガンプ」的なアプローチをしてみました
大体がキャラ的にも同じだし(暴論)そこんとこはスンナリと思いつきました

ちなみに雰囲気的に似せようとしたのはこちらの作品「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

DANCER IN THE DARK
↑似ても似つかないのが出来上がってしまいましたけど、雰囲気は伝わりますでしょうか?
ちなみに、NHK「ブラタモリ」でタモさんが段差好きの人間のことを「段差ー(ダンサー)」と呼んでました
(全然関係ないですね、ごめんなさい)

で、お次はあちこちのキャチコピーについて解説

「この手を離さない」と「初めての友達」については
本編をご覧になった方なら説明不要かと思いますが
本編に出てくるセリフをアレンジしました

「陽光」てのは劇中の決めセリフの「希望の太陽、四方より出ずる」を

四方より出ずる→太陽がたくさん→降り注ぐ陽の光→陽光→むりくりな読み仮名ふって「ひかり」

と、可能な限り拡大解釈して、そこに「揺るがぬ歩み」も加味

揺るがぬ歩み→のしのしと歩く→要するに歩くってコトじゃん→じゃ「歩く」でいいじゃん

で、インドのムンバイからも登場人物がやってくるってことに
間違いないっちゃ間違いないのでそれもミックス(人物が間違ってますが)
して「陽光(ひかり)射す道を天使がやってきた」になって
(「天使」はアイツのトレードマークの「天使の羽」から)

かーらーの

最終的にはあいつらはあっちの方へ行ってしまって
多分恐らく幸せになったんでしょうね、なってて欲しいですよね、ねー!?
てゆー肩入れしすぎな、自分の心の叫びからサブタイトル

「陽光射すその向こうへ」

こちら側で掴めなかった幸せを
向こう側へ追いかけて行っちまったぜ!あいつらはな!チェイス!
と、まあこんな感じに付けてみました(どんな感じだ)

「水面に散った」

てのも、劇中に出てくるダムのアレを意識しての文なんですが
あいつらのアレのあっち側って、ほとんどが岩、でしたけど
よーく見ると確か~~~に小さ~~~な川が流れているので
「水面」と言ってもギリギリで嘘でない範囲の拡大解釈で採用

で、役者さんのクレジットですが
バッちゃん(馴れ馴れしい呼び方、ちなみにアビシェークさん)の作品が日本未公開なのと
ウーちゃん(馴れ馴れしいうえに強引な呼び方、ちなみにウダイさん)
の作品は出演作ではないこと以外は無問題、でしょう
(ちなみに「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」はウダイさんは製作での関わり)

GRACE OF MONACO
↑でもこの右はじのカメラマンさんてウダイさんに見えるんですよね、たまたま?
「グレース・オブ・モナコ」もしかしてウダイさんも出演してる!?のか!???
と、DVDをレンタルしてきて鑑賞したはずなのに
ウダイさん探しに熱中しすぎて全然内容覚えてなかったり(ニコールさん、ごめんなさい)

アーミルさんの名前の上には
アメリカの権威ある雑誌(と、思う、読んだことないからなんとなくのイメージですが)
TIME誌に取り上げられた過去を載せてハクを付けて
なおかつ「名優」とババンと一辺の曇りもない紛れもない真実を載せてさらなるハク付け

以上、こんな感じにちょっとずつちょっとずつのイメージ操作を積み重ねつつ
「感動の名作ですよ!」アピールを全面展開してみました

嘘じゃーないけど全体的に間違ったインチキ具合
相当に心の広い方でないと楽しめないような気もしますが
ひとりでムヒョムヒョ眺めていてもつまらないのでここに発表させていただきます

内容の豊かさのわりにまだまだあんまり日本に入ってこないインド映画
そーゆーつけ入るスキを見つけてモヤモヤモヤーとなんか思いついたら
あと、自分にヒマがあったら好評不評に関わらず
懲りずにまたまた作ってみたいと思います

ここまでガマンしてお付き合いしてくださった方も
それなりにお楽しみいただけた方も
どちら様にもお読みいただき真にありがとうございました

最後にあたかも今回の嘘ポスターに合わせた予告編のような動画(逆)
とってもカラフルかつアーミルさんがラブリーな「Tu Hi Junoon 」(君は癒し)をご紹介して
本文、終わりにしたいと思います

それでは、どうぞ



BLOG ACCE 03
スポンサーサイト

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

タグ:チェイス!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。