09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

「きっと、うまくいく」

2016.01.11 23:00|「か」行
BLOG ACCE 01

3 idiots DVD
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「きっと、うまくいく」インド映画
自作DVDラベルでございます

3 IDIOTS OFFICIAL


↑US版予告編、言葉の選び方がうまいですな、超カッケーっすもん


2016年1月、BSジャパンさんにて
「きっと、うまくいく」の日本語吹き替え版が放映されましたので
録画してラベルが必要になる方も大勢おられるかと思い作成してみました

現在発売中のDVDにもブルーレイにも
どっちの方にも収録されていない日本語吹き替えですから
これをディスクに焼いたらキレイにして保存しておきたいですよねー?
とゆー、気遣い仕事でぇございます

もしかして内容をご存じでないままにご来訪の方には
置いてけぼりかつ「ぽかーん」な解説かもしれませんが
主人公たちの過去である大学生時代と現代であるところの社会人時代を
交互に行ったり来たりと描きつつ、紆余曲折な進行をするこの作品
こちらのラベルのデザインをサックリと解説するならば


まだ見ぬ明日を夢見る大学生時代の3バカたち(直訳、だって 3 idiots だし)を
彼らにとっての未来、つまり劇中においての現在の3バカたちが愛おしく見守る

彼らの向こうには見渡す限りの澄み渡ったパンゴンツォ湖
さらに遥か彼方には抜けるような、見ろよ青い空、白い雲(by 植木等)
全てはさらなる明るい未来を約束するようにそこにある
全てが「きっと、うまくいく」ように



↑「Give Me Some Sunshine」雨の日だって晴れの日だって成長の糧となるんです

そんな感じで過去パートをカラーにして現在パートがセピア色の
逆転タイムスリップ感覚でこしらえてみました

ちなみにディスクに印刷すると無くなってしまう真ん中部分
ランチョー導師とピアさんの間にはウィルス学長がおジャマしてます(笑)


3 idiots Blu-ray
↑ちなみにブルーレイ用もご用意いたしました


そんなだもんで結局
作品内容を説明する気などコレっぽっちもございませんので
ご存じでないままにご来訪の方にはこちらのラジオなどをお聞きください
(紹介の仕方が若干ヒドいですが、作品の背景などが非常に詳しいです)
上記のザックリした印象でご満足したのであればサラッとスルーしてくださいませ


↑3分目あたりから「きっと~」本編の話が始まります

作品背景、及び劇場公開までの道のりなどについては
上記ラジオ番組にて映画評論家の町山さんが語ってますのでそちらにおまかせして
「そんなコトより主演のアーミルさんが気になるわ、だって彼って超キュート」(誰だよ)
という方におかれましては、なんとオススメがございます(謎の通販ノリ)



管理人様のご厚意によりリンクを貼らせていただいた
「アーミル・カーン非公式ファンブログ」
(↑のバナー、もしくはページ上部の画面左側のバナーをクリックで訪問できます)

主演作情報のみならず
映画の外のオフィシャルな発言なども網羅した
非常に非常に愛のあふれる内容ですので
「きっと、うまくいく」でアーミルさんにご興味を持たれた方
ぜひとも一度ご来訪くださいませ


で、話は「きっと、うまくいく」に戻りますが(アタマの切り替えって大事よね)
字幕で何度も観た映画とは言え
プロの声優さん(←ここも非常に大事)の安定したお仕事のおかげで
大好きな映画がさらに身近に感じられる貴重な機会
非常に非常にありがたいことです
と、言いつつワタクシしっかり見逃してしまいました(泣)
なんか評判いいらしいじゃない、やだ、悔しい

今回の吹き替え版放映がどーゆー経緯でこうなったのか分かりませんが
これを企画して実現した関係各位様の並々ならぬインド映画愛
及び熱意が伝わってきそうなイイ仕事っぷりにただただ感心するばかりです


インド映画愛と言えば2015年暮れにはこんなステキな本が
「インド映画完全ガイド」(税抜き2000円)も出版されたコトですし

INDIAN CINEMA
↑世界文化社さんから絶賛発売中、記録的なベストセラー!(に、なるといいですね)

これはもしや2016年は
インド映画が前年よりも大ブレイク!の兆しなのでしょうか?
だとしたらアレとかコレとか字幕付きで観たいのがいっぱいあるから
イイ流れが続いて行って欲しいなー、と切に願うばかりであります


ひとつここは援護射撃というコトで
「インド映画完全ガイド」の中で紹介してた
ちょっと古めの作品の鑑賞方法をご紹介して本文シメたいと思います

「家族の四季 ~愛すれど遠く離れて~」
「たとえ明日が来なくても」
「ラガーン」

こちらの3本は通販レンタルの TSUTAYA DISCAS さんでレンタル可、です
つか、レンタルしたことありますので知ってる情報だけ載っけときます
ちなみにこれを宣伝したところで1円の得もない
100%の勝手なボランティア活動でございます(誰得?)


と、言うワケで本文はこれにておしまい
ここまで駄文にお付き合いしてくださった方
お読みいただきありがとうございました
DVDラベル、お気に召しましたらどうぞお持ち帰りください

なお、再配布&営利目的の使用はくれぐれもなさらないようにお願いします

BLOG ACCE 03


↑でも↓でも、どちらのボタンでもお好きなほうで拍手できます♪
スポンサーサイト

テーマ:DVDラベル
ジャンル:映画

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント