05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アリーは愛しの王子様」(インド映画「DHOOM:2」の勝手な妄想スピンオフ)

2016.10.26 20:44|よろずおもいつきにつき
BLOG ACCE 01

DHOOM2 SPINOFF POSTER
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「DHOOM:2」インド映画(日本未公開)
の、自作嘘ポスターから、さらに自分で妄想した
妄想 from 妄想の完全オリジナルの嘘ポスターでございます
よって、こんな映画は存在しません、あったら観てみたいですよ!


↑イメージの元はコチラの「バラをくわえた王子、アリー」(ステキ)


DHOOM2 FAKE POSTER 02
↑ちなみに「D:2」嘘ポスター、解説は <こちら> からどうぞ


上の解説をすっ飛ばしても大丈夫なように
こちらでも簡単に解説しますと
そもそもの始まりの「DHOOM:2」の嘘ポスター

映画の公開年からずいぶんと経つうえに
しかも別にこれと言って話題でもなんでもないタイミングの発表でしたが
(たまたま出演のリティクさんの新作リリースに重なったくらい)
嘘ポスター制作の2016年がブラジルはリオの五輪が開催とのコトでしたので
「そーいえば『D:2』の舞台ってリオじゃん」と、なんとなーくそこに便乗

そんな感じでせっせとこしらえてみましたという次第であります
(結局、五輪期間中には間に合いませんでした)


ALI 01
↑なんとなくウダイさん in ブラジルの画像をどうぞ


でー、嘘ポスターを作るにあたって
「D:2」けっこう忘れちゃってたものですから
DVDを引っぱり出してきて改めての鑑賞でイメージを固める作業を開始

したら当初の目的をすっかり見失って
フツーに「おもしろかったー♪」と満足して
続けてリティクさんの別の映画の「BANG BNAG!」なんかを見始めちゃって
(その後でちゃんと「D:2」嘘ポスター作成に戻りました)


その「BANG~」の中で赤いタキシードを着たリティクさんを観た瞬間
頭の中で「D:2」の青いタキシードのウダイさんがピコンと思い浮かんで
そこになぜだか「泣いた赤おに」の昔話も思い出されて

「これ、イケんじゃね?」

と、こんな感じに「アリーは愛しの王子様」の構想が出来上がりましたとさ
嘘ポスターにこの2人がいるのはそんな理由からだったりします
ちなみに昔話になぞらえると、赤おに→ウダイさん、青おに→リティクさんです



ALI 03
↑「アイツのために一肌脱ぐか!」と友達想いの青鬼さん役リティクさん(赤いけど)


ポスター上部の「空想だけじゃ終わらせない~」
てのは「DHOOM」シリーズで毎回毎回のウダイさんの空想シーンを
この妄想スピンオフ作品では実現させてやりたい、との願いをこめて、と
「ハートを奪われる~」は先行して日本公開が実現したインド映画
「ダバング 大胆不敵」の日本版キャッチコピーからのいただきです


DABANGG_01.jpg



↑予告編だけでハートを撃ち抜かれる素晴らしさ


勝手な妄想スピンオフの同じく勝手な英題は
なんのヒネりもなく海外ドラマ「アリー・マイ・ラブ」からのパクリ

ウダイさんの「DHOOM」シリーズの役名がアリーだし
あと、ウダイ王子(異論は認めません)が愛を振りまく感じにしたかったので
英題には「LOVE」を付けて、非常に安直に決まり

以上、そんな感じの作成解説でございました


大体、シリーズで毎回毎回かわいそうな目に会う
笑顔がステキなウダイさんを輝かせたい!
そんな想いからリティクさんを噛ませ犬役に抜擢してみましたが
(ファンの方、ごめんなさい)
自分でもビックリの破壊力満点な嘘ポスターに仕上がりました
ご覧になられた方、いかがなものでございましょうか?

A4サイズにプリントしてお部屋に飾ると
いい感じに微笑みが止まらない逸品ですので
お気に召しましたら是非ともお試しくださいませ♪

BLOG ACCE 03


ALI 02


スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。