FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
さっくり自己紹介

cozy cozy

Author:cozy cozy
長野県は松本市に在住しつつ日々楽しいことを物色中

おしながき

新しめの記事

検索はこちらから

こちらもオススメ♪

お便りください

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやっきーもしてます

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Pyaar Impossible」 インド映画(日本未公開)

2016.11.13 08:10|よろずおもいつきにつき
BLOG ACCE 01

PYAAR IMPOSSIBLE FAKE POSTER
↑画像をクリックすると大きいサイズの画像ページが開きます

本日のお題「Pyaar Impossible」日本未公開のインド映画の
「もし日本公開したらこんな感じ?」の妄想嘘ポスターでございます

PYAAR POSSIBLE


↑予告編&DVDのジャケ


まず前段として拙ブログにお越しの方で
「何かの間違いで迷いこんだ」もしくは
「何かの間違いでブックマークしちゃってた」という訪問で
(↑もし、いらっしゃったら、ありがとうございます)
「Pyarr ~」をご存じでないという方がおられましたら

『pyaar impossible あらすじ』

などで検索していただいて(↑コピペして使ってください)
文章表現が非常に巧みな日本全国のインド映画猛者様たちの
詳細なブログなどをお読みくださると
このなんとなーく黄色っぽくて
ところどころにオモシロい顔したヤツが隠れてる嘘ポスターも
知らないよりかは多少は楽しめるかと思います

「何、コレ?」とか <パリコレ> みたいな
雑な感想でお帰りにならずに、すこーしだけ辛抱していただくと
なかなかにオモシロなモノが見られますから(主に弊社以外のブログで)
よろしくお付き合い願います


P 06
↑主演のウダイさんの笑顔でおもてなし


この映画、2010年の作品というコトで
DVD自体はずいぶん前に購入してたのですが
買ったきりで、ぜーんぜん観てなくて(英語字幕がめんどくさくて)

以前「Pyaar ~」主演のウダイさんの映画の嘘ポスターを作った際
ポスターに載せる文言を水増ししようとして他の出演作を調べた時に
「そーいえばアレがあったな」と、ようやく重い腰を上げて
鑑賞の運びとなりました

そしたら、まー、同じくインド映画の「DHOOM」シリーズで見たかった
「あんなウダイさん」や「こんなウダイさん」が見られただけでなく(どんなだ)
思いのほかポップな「Pyaar ~」にまたしてもハートを奪われて
またしても感動をぶつけたのが今回の嘘ポスターなのであります

DHOOM2 SPINOFF POSTER 02
↑ちなみにこちらがその嘘ポスターと <こちらのリンク先> が制作の解説


だから実は「アリー~」に掲載の出演作品の邦題のひとつの
今回、ブログに上げた「Pyaar ~」の嘘邦題でもある
「ムリめの恋の落としかた」を考えたときには
実はまだ観てなかったんですねー

観てないままにジャケと予告編の印象だけで
「だいたいー、こんな感じぃー?」と適当に付けてみたら
本編を観たあとで、案外、外れてなかったイイ感じの嘘邦題になってて
自分の勘の良さには戦慄を感じざるを得ませんでした
(大体がそんなにヒネった内容じゃないですし)


P 05
↑この目つきのビジュアルだったら思い浮かばなかったかも


冴えない男主人公が、ひたむきな片思いで
高根の花だった彼女のハートを射止める

全世界の制作本数が年間で5億本くらいありそうな(ねえよ)
非常によくあるラブストーリーっちゃそうなんですけど
小技(「こえだ」じゃないですよ)の効いたオモシロ要素とポップな楽曲
感じのイイ助演陣、あとヒロインのプリヤンカーさんの魅力もあって
なんともステキな佳作の「Pyaar Impossible」でした

P 04
↑感じのイイ助演陣


P 03
↑そして、ぷりぷり顔のプリやんさん


今回の嘘ポスターのデザインですが
まず、メインにはドドンと高根の花たるプリヤンカーさんを置いて、あとは
なんか変わり映えしない内容で飾りにくくて王道のラブストーリーを尊重して
ちょこちょことウダイさん&劇中に関連のあるオブジェを設置

そこかしこの「馬に乗った人」「箱入りチョコレート」「ギター」はそれぞれ
こちらの歌詞に出てくる「Chocolate Boxes」「Men On Horses」
「Teenage Popstars」からのイタダキです



↑「10 on 10」てのんてん♪


頭もいいしまっすぐな心根の持ち主でありながら
若干カエルに似たおもしろい顔(ブサイクとか言わない)と
控え目すぎる性格で今一つイイところがなかった主人公が
思い切って自分の主張のために戦う(そして勝つ)姿勢を
ポスター上部の文章「夢見るように~」にこめてみました


静止画で見ると「主人公がけつアゴ」とか「ヒゲが青い」とか
トニー・ジャー?」とか(見比べてみたらそうでもなかった)
イロモノ的な先入観を持ってしまった本作も鑑賞してみたら
今やすっかりお気に入り

できたら日本語吹替えで気楽に観たいなー
とも思いますので NETFLIX さんあたりで
ひとつよろしくお願いしたい!

BLOG ACCE 03


おまけ

スプーンでピーナツバターをペロペロする美男美女

P 01
↑「Pyaar ~」のプリヤンカーさん

P 02
↑「ジョー・ブラックをよろしく」のブラピさん

一般人がやるとお行儀悪くなるのに、絵になるんだもの
むしろキュートだもの、なんかズルいわー




スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。